2手目、△32飛戦法
カテゴリ: 将棋
A級順位戦は、もの凄い将棋でしたね

終盤はずっと一人検討をしていました(笑)

序盤は佐藤棋王がやり損なったのでしょうか?

振り穴十分の駒組みが望める展開だと思ったんですが。。。

(あくまでも好みであって実際は互角、難しいと思います)

200手近い大熱戦で、

中盤以降はゆっくり並べてみないと難しすぎてわかりません



2手目△32飛戦法で思い出したんですが、

△32飛戦法に「5筋位取り+穴熊」で指されたとき分からない

と、いう方(コメント)がいらっしゃいましたね。


5筋位取り+穴熊は、そもそもバランスがあまり良くないので

恐れる戦法ではありません。

そしてさらには、三間飛車は「5筋位取り+穴熊」に愛称抜群でしょう。

具体的には下の図のように浮き飛車にして


ajaban10


△36歩の仕掛けを狙っていくのが良いでしょうね。

居飛車はバラバラで戦えません。

簡単ですみませんが、解決したでしょうか?



2手目△32飛戦法は、個人的には良い戦法と思っています。

私も先発ローテーションに加えてみようかなと思っているのですが、

エース、ゴキゲン様がなかなか許してくれません(笑)











※ blogランキングに参加しています。
  1クリック、ご協力お願いします。

   



スポンサーサイト
編集 / 2008.12.26 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、29才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター