対郷田九段戦
カテゴリ: 対局

23日(金)の竜王戦決勝トーナメント、郷田九段戦。

結果は135手で負けました。終局は22時52分。


振駒で後手になり、約1年半ぶりに四間飛車穴熊を採用。

相穴熊から半分思いつきですが、△7四銀と積極的に

(先後が違いますが、▲3六銀と指した人は居たようです)

角頭を狙う指し方をやってみました。形はやや悪いですが、

どこかで△4六歩と突き捨てるか、△6五銀と繰り出せば、

後手も十分戦えたようです。実戦は、後手としては一番まずい

タイミングで仕掛けられて苦戦に。端に嫌味をつけて図です。


郷田九段戦


実戦は図から△4二金▲5四竜の交換を入れてから

△7七角成▲同金△9七銀とラッシュをかけましたが、

▲同桂から冷静に応じられてやや足りない展開です。


図から私の指したかった手は△5七角と打つ手で、

以下▲4三竜ならそこで△7七角成~△9七銀のラッシュ。

▲6八金上なら△同角成▲同金△4二金▲5四竜△5三金。

私は▲6九金を気にしてやめてしまいましたが、△4二金▲5四竜

△7七角成▲同金△8四角成の展開は△9七銀と△2八歩があるため、

悪いながらもまだまだ粘れましたし、実戦なら勝負だったと思います。


△9七銀以下は冷静に余されてきっちり負かされました。

これで今期の竜王戦は終了です。ご観戦ありがとうございました。



残念ではありますが、今期はトータルで力を出せましたし、

決勝トーナメントでは3局指せたので、上出来だったと思います。

ただやっぱり悔しさはありますし、今後の課題も見えた気がしました。

しばらく対局も無くヒマになると思うので、

将棋の立て直しと、地力強化にコツコツと励みたいと思います



スポンサーサイト
編集 / 2010.07.24 / コメント: 5 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、29才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター