今日はVS
カテゴリ: 将棋
今日は、先輩棋士とVS(1対1の研究会)でした


朝10時から始まって、


終わったのは19時ちょっと前。


終盤の接戦が多く、今日は特に疲れました


VSの日は家に帰ってすぐ、


その日指した将棋をPCに入れて反省をします。


アマ初段の頃からの習慣のようです


一生懸命指して、棋譜を書いて、反省をする。


ちょっと地味ですが、上達の近道なのかも知れません








さて、前回のブログで載せた石田流の将棋を少しだけ。


ajaban_20081201001445.gif


居飛車が△84飛と浮いて▲65歩からの仕掛けを警戒した局面。






その1。


一番自然な手は▲56歩△同歩▲同銀の一歩交換ですが


その瞬間、桂頭が薄くなるので当然△35歩(第2図)と動いてきます。


ajaban2


▲同歩は△36歩。


▲47銀引きも△36歩▲同銀△35歩と位を取られていけません。




△35歩には▲47金と上がることになりますが


そこで△55歩が好手。以下▲同銀に△45歩(第3図)となって


ajaban3


先手失敗です。△67銀のキズがあるので受かりません。





その2。


のんびり指すなら、▲26歩から銀冠を目指すくらいでしょうか。


以下△43金右▲27銀△54銀▲38金△42角(第4図)と進みます。


ajaban4

駒がぶつかっていないので1局の将棋ですが


55の位が大きく後手の陣形の方が伸び伸びしている印象。


少し不満かも知れません。





そこで、その3。


▲56歩△同歩▲65歩△同歩▲74歩△同歩▲56飛(第5図)と


振り飛車らしく捌きに出ます。


ajaban5


次に▲64歩が厳しいですから、△75歩と手筋で受けますが


以下▲同角△74飛▲64歩△75飛▲63歩成△同金▲52飛成(第6図)


ajaban6


となって振り飛車十分な形勢でしょう。





と、まぁ、これはあくまでも変化の一例ですが、


石田流の将棋の研究に役立ててもらえればと思います。


ちょっとマニアックすぎましたかね?


図面テストのつもりが、ついつい書きすぎてしまいました(笑)



スポンサーサイト
編集 / 2008.12.01 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、29才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター