対石川七段戦
カテゴリ: 対局

30日(火)のC級1組順位戦、石川七段戦。


私の後手で角道を止める中飛車穴熊を採用しました。


奨励会初段時代によく指していた、思い出の戦型です。



序盤は長考して色々考えたものの、


結局やや作戦負けという感じになってしまいました。


石川七段も穴熊に構えて、相穴熊に。


    (図面は先後逆にしてあります)

石川戦1

  
今、△6四歩と仕掛けられたところです。


どう応じても6筋の歩が伸びてくる展開になるので、


その前に動かなくてはいけません。



実戦は▲7五歩△8四飛▲5五歩△6五歩▲5四歩と中央から動き、


▲2六角と飛び出す筋に期待をかけました。




お互い一歩も引かない攻め合いとなって第2図。


石川戦2


角と金の交換で駒損ですが、局面はまぁまぁかと思っていました。



実戦は第2図から▲6四歩△5八飛▲6三歩成△5五飛成▲6二角成と進み、


攻めが繋がりました。以下△5四飛には▲5三歩があります。


駒損は悪化しましたが、後手陣が薄いので局面は難しい形勢です。


でも冷静に見れば飛車損なので、ホントは少し苦しいのでしょうね。



途中の△5八飛では△7五飛と浮いて、


以下▲6三歩成△5五飛▲6二角成△5四飛▲5三歩△同歩▲5二とに、


△9二飛(参考図)と打つのが好守で、私としては嫌でした。


石川戦3


以下▲4二と△6二飛▲3二金と食いつくくらいですが、


次の狙いがない+攻めが細いので負けそうです。





実戦は攻めながら駒損を徐々に回復して優勢に。


さぁ、どう決めるかという局面を迎えた第3図です。


石川戦4


▲4三歩△3二金▲4二金と食いつけば寄り筋だったのですが、


実戦は▲4三銀打△5八歩成▲4二銀成△5四馬▲3二金△8一歩で


攻めが完全に止まってしまいました。8一に歩が立つのが誤算(うっかり)で、


△8一香で読みを組み立てていたので、これに焦りました。


局面も完全にひっくり返ってしまい、寄せどころか攻めが切れてしまいました。



以下苦しい秒読みが続き、


今△5五銀とペガサス(中継参照)にプレッシャーをかけたところ。


石川戦5



△3六馬▲3八香△2七馬▲2八歩△6三馬と指されていれば、


ペガサスが強く負け筋でした。実戦は△6五馬だったので、


▲8一竜とこちらもドラゴンが復活して再び難しくなりました。



以下秒読みの熱戦は続きましたが、最後はなんとか勝ちました。


手数は182手。終局時間1時35分は、私の中では最も遅い時間です。





終盤は寄せがスッポ抜けてしまい負けになったのですが、


アヤが残されていたことと、秒読みに助けられました。



全体的に良いところも悪いところも完全放出で、学びも多い将棋でした。


中継を見て下さった方は面白かったのではないでしょうか(笑)





次の順位戦は二週間後と近いので、引き続き頑張ります




※ blogランキングに参加しています。
  1クリック、ご協力お願いします。

   


スポンサーサイト
編集 / 2009.07.01 / コメント: 4 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、29才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター