対豊島四段戦
カテゴリ: 対局

昨日の対局は残念ながら負けてしまいました。

振り駒で後手番になり私のゴキゲン中飛車で持久戦に。


豊島戦1


図から▲2四歩△同歩▲3五歩と機敏に仕掛けられました。

この局面は想定していた一つだったのですが、

改めて考えると攻めがけっこううるさいことに気づきました。

実戦は▲3五歩の局面で昼食休憩を挟んで126分長考しましたが、

(実質3時間くらい考えたでしょうか)ここではすでに面白くないようです。

▲3五同歩は▲3四歩△5一角▲6五歩がけっこううるさいんですね。

結局大長考も実らず、粘りましたがプロ的には完敗でした。

来週の週刊将棋に掲載されるようなので、詳しくはそちらをご覧下さい。

先手の形が流行るかもしれないので、対策を考えないといけません。


決勝で、貴族こと「天の川彦星」君と指せないのが残念です。。。




今日はこれから「茨城県ひたちなか市」に行ってきます。

大熱戦だった、昨日の名人戦第3局の大盤解説会です。












※ blogランキングに参加しています。
  1クリック、ご協力お願いします。

   

スポンサーサイト
編集 / 2009.05.09 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、29才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター