対局の結果
カテゴリ: 対局



更新遅くなりました



4/19(木)の王将戦一次予選飯塚七段戦。

結果は135手で負け、終局は17時51分でした。



振駒で後手になりゴキゲン中飛車へ。

超速3七銀から銀対抗の急戦になりました。

最近のテーマで、よく指す形です。



201804242239118c5.jpeg



上の局面は▲3四歩と垂らされたところ。

実戦は△5六歩▲同歩△5四桂と指しましたが、

単に△5四桂も、ひねって△8四桂もあり、

手が広くて難しい場面ですね。



経験値が高い局面なので、良くも悪くも

それに頼りすぎてしまった感じです。

お互いの囲いや歩の位置が一つ違うだけで

全く別の将棋になるので、

こういうところから一歩抜け出すには、

感覚と読みの精度を上げないと、

どうにもならないと思いました。



負け将棋から学ぶ事は多く、

反省の日々です。

週一くらいのペースであった対局も

暫く感覚が空いてしまうので、

次の対局が増える時期に向けて、

しっかり調整したいと思います





スポンサーサイト
編集 / 2018.04.24 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、31才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター