対金井四段戦
カテゴリ: 対局

2月3日(火)の順位戦10回戦、金井四段戦。

私の後手ゴキゲン中飛車に、金井四段の▲7八金型の将棋に。


ajaban21


第1図より△5五歩と突き、▲2四歩△同歩▲同飛△3二金が良く指す形なのですが、

本局は最近流行(?)の△3三角を選択しました。

以下▲同角成△同桂▲6六歩△3二金から長い序盤戦へ。


ajaban23


「馬」 VS 「持ち角+△2五歩」 なので、形勢はほぼ互角。

好みなどによって見解が分かれるところだと思いますが、

私は先手の陣形の良さと馬が安定してるので、やや苦戦と思っていました。

序盤での工夫が足りなかったようです。

実戦は第2図より△2六歩▲同馬△4九角と攻めました。

△4九角が△2六飛~△3九角と△7四歩▲同歩△同銀からの逆襲を狙った厳しい攻め。

やや苦戦と感じてたので、これで互角になった気がしました。


以下は細い攻めながらも、得意な展開となりこれは逃せん、と。

実際は難しい局面が続いていたようですが、少しづつ後手が勝ちやすいようです。

さて、やっとの思いで優勢となり迎えた第3図。


ajaban22

ここで△6八銀と打ったのがほぼ敗着で、

以下▲4七歩△5七馬▲5八銀からきっちり負かされました。

戻って第3図では△3六馬と寄るのが正解で、明快に勝ちのようです。

▲7八角と受けられるのを気にしていたのですが、

△1八馬▲同香△8八飛▲9七王△9五歩とすれば寄り筋でした。

△3六馬を重点的に読んでいただけに、残念です



結果は実力なので仕方ありません。本当に残念です。

悔しいですが、また頑張ります





今日2月4日(水)はA級順位戦8回戦、一斉対局です。

中継は名人戦棋譜速報にて。

将棋会館で大盤解説会もあります。お近くの方はぜひ








※ blogランキングに参加しています。
  1クリック、ご協力お願いします。

   

スポンサーサイト
編集 / 2009.02.04 / コメント: 2 / トラックバック: 1 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
日本将棋連盟モバイル
プロフィール

 七段 戸辺誠

Author: 七段 戸辺誠
S61年8月生まれ、29才、O型
竜王戦は4組、順位戦はB級2組所属
振り飛車党+左利きの将棋棋士です


<自由が丘・将棋教室> 

※ 2009年1月より、自由が丘にて将棋教室を開講。近所にお住まいの子供、将棋を始めたい&強くなりたい女性、お気軽にご相談下さい。
   
<お問い合わせ先> 
「tobe_school@yahoo.co.jp」

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター